スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月12日(日)練習会のご案内

こんばんは安田です。

8月12日(日)の練習会のご案内です。

*雨天の場合はコースが危険なので中止します。集合後の雨の場合は程度により中止もしくはルート変更します。

集合場所:ランプの森つべつ 裏手駐車場
集合時間:7:30頃まで
開始時間:8:00
終了時間:12:30頃
ルート:ランプの森~津別峠~川湯~摩周湖~弟子屈~津別峠~ランプの森 計97km

当日はランプの森にてお一人1100円で入浴付き昼食が食べられますので、終了後に皆さんで入浴と昼食を取ろうと思います。もちろん参加するしないは自由です。

また、傷害保険等も加入しておいたほうがいいと思います。10キロ近い下りもあり、万が一にも落車が無いとは言えませんので。

保険について分からない方は安田までご連絡ください。決して保険の勧誘ではありませんのであしからず(笑)


ルートラボです。
遅れた方は摩周湖をカットするコースも選択できます。釧路本線沿いの道でパイロット国道(R243)へ出られます。


ご質問はつぶあんサイクルレーシング安田090-4720-5075までお願いします。



スポンサーサイト

TCR朝練

こんにちはTCR安田です。

朝練報告です。

AM5:00~7:00でJA美幌から美幌峠往復しました。

立花さん、N-WINDS○浦さん、安田が参加しました。

行きの登りを時速21km/h!?

20120727_053933.jpg


なんとか4キロ地点までは食らい付くも、立花さん・○浦さんはシフトアップしてビューンって行っちゃいました。


車連エリートクラスはやっぱりハンパねぇ~!


「くそーZIPPで来りゃ良かったぜ」と本気で思いながら(笑)2分弱遅れて登頂しました。


残り3キロからは雨?っていうくらいの濃霧でした。


下りは前回の反省をふまえ、踏みました!時速71km/h出ましたよ!

もう怖くてそれ以上踏めませんでしたけど、立花さんがどんどん離れていくのは何でですか??


下りも残り2kmくらいの地点で赤いジャージ発見!星さん登場です。

寝坊したらしく後から追ってきたようでした。


平坦になり、先頭のお二人は談笑しながらもAVE32前後で(笑)


ジャスト7時にJA美幌へ到着し解散しました。


次回は31日(火)です。よろしくお願いします。













サロベツ100マイルロード

こんにちは安田です。

サロベツ100マイルロードレースに出場してきました。

一緒に行動したのは北見「チームのぼり坂」U次郎さん、旭川S原さん、立花さんと安田の4人。

僕の仕事の都合で北見を出発したのが午後6:30。

高速をぶっ飛ばし、スタート地点の豊富大規模草地のキャンプ場に到着したのが11時過ぎでした。

速攻でテント設営し即睡眠へ。

立花さんはテント、他はそれぞれの車で車中泊となりました。

明日の準備やどういう展開でレースを戦おうかといろいろ1時間ほど考えていたんですが、いつの間にやらフェードアウトしてました(笑)

寒くて何度か目が覚めましたが、思いのほかよく寝られた感じでした。

20120722_054612.jpg


翌朝5:30さすがに寒くてエンジン掛けてヒーター全開で温まりました。

朝ごはん食べながら、スプロケットの交換やらバイクの整備を終わらせます。

7時過ぎ、U氏S氏と3人でウォーミングアップを兼ねた試走へ。

逆走で往復20分ほどかっ飛ばしハートレート180位まで上げて終了。



出走サインをし集合時間までまったり。

今回は、エリートから5分間隔でのスタートの為みんなのレースは見れないのが残念ですが、唯一エリートのラスト3周程度は観戦できるようです。

時間になりエリートの後ろへ並びます。

今回はS2クラスへ昇格して初のレース。

今の自分の力を測るレースにしようと思い、序盤から積極的に走ろうと考えてました。


そしてスタート。

いきなり坂を下る序盤、落車しないよう注意しながら下ります。

下りの途中に6%くらいのチョイ登りがきました。集団のペースで上ります。

ハートレートも脚もまったく余裕を持ってクリア。

下りを終えて平坦路へ。

集団は登りに備えて超マッタリモードです。

これじゃいかんと、集団中ほどから先頭へ。DOKYUジャージとサイクルプラザジャージ他数名の7-8人でローテーションを回します。

そして先頭のまま最初の登りへ。

序盤ということもあり登りのペースもそんなに速くなく余裕を持って上りきれました。


2番目の登りも先頭付近でクリア。

牧場内に入ってもまだまだ余裕あり。


1周目を無事にクリアして2周目も全く同状況で終了。

ホットスポットのジャンが鳴っています。

3周目にホットスポットがあることを思い出し、調子もいい事だし狙うことに。


3周目も同様に進みラスト3キロ付近から集団も活性化。

5-6番目をキープしラスト300m付近から登りスプリント開始。

ペーターサガンばりのスプリント(笑)で見事ホットスポット獲得!

たいした減速せずにボトルを受け取ろうとするも2箇所ともミス(笑)

U氏S氏ごめんなさいm(__)m 大変失礼しました。


さすがに4周目は休ませてもらいました。

4周目終わりに確実にボトルを受け取るべく先頭で5周目突入。

バッチリ受け取り補給完了。


さぁラストだと思い様子を見てると、どうやら超けん制状態。

登りで幾分活性化するも固定メンバー以外先頭を引いていない様子。

それじゃとばかりに先頭へ行きローテーションに加わるも太ももピクピクしてきた。

1番目の登りはなんとかクリアし、正念場の第2登板の残り100mでついに攣りました。

それでもだましだまし登りましたが活性化した集団には付いていけず、そこで今日のレースは終了。

残り5キロはマイペースで走りました。

勝負には絡めませんでしたが、ツール前哨戦としてはかなり上出来だったと思います。

「集団には協力しつつラストスプリントへ持ち込んで勝つ」が僕の思い描くツールド北海道のゴールです。

さぁ明日からまたガンバろ!。


結果はS2クラス30位前後、トップから約3分遅れ


U氏はS4クラス序盤から積極的に引いて最後は力尽き33秒遅れ。

S氏はS4クラス数分遅れて終了。


そんでもってエリートクラス残り3周から観戦。

5周終わっても立花さんはボトルを受け取らないらしい(汗)

どんな体してんだ?!

レースは最初の逃げを吸収した後、今日2回目の逃げが発生!

バーク○ウス選手、招待選手パールイズミスミタラバネロ大久保選手(Jプロ)、DOKYU2名の超強力な逃げ集団が後続をどんどん引き離しに掛かる。その差3分以上!

20120722_121745.jpg


そして立花さん、松○選手含む3-4名で追走するもペースが上がらず、集団に吸収され今日のレースはどうやら逃げ集団の逃げ切りが決定した様子。

ラストはスプリント。DOKYUの選手がトップ、2位大久保選手、3位バーク○ウス選手


メイン集団も表彰台を賭けた大集団スプリント。

迫力ありすぎて見ていて超怖かったです(笑)


立花さんは集団中ほどで無事ゴールした模様。


しかし160キロをボトル2本で走りきるとは・・・恐れ入ります。


閉会式も盛り上がり大盛況。

抽選会でN-WINDS○浦さんがなんとママチャリゲット!おめでとうございます。

20120722_154013.jpg

その後、疲れた体を温泉で癒し食事を取って帰路につきました。


立花さん、U次郎氏、○原氏本当にお疲れ様でした。

次は美幌100キロの後、メインイベントのツールド北海道ですね。

残り2ヶ月間みっちり練習しましょう!!















ツールド十勝

こんにちはTCR安田です。

ツールド十勝に立花さんと僕の2名で参加してきました。

20120714_064528.jpg

TBP(十勝バイシクルプロジェクト)の皆さんに場所取りなどご協力いただきました。TBPのメンバーはほんとに陽気な方々が多くて一緒にいて楽しいです。今回の目的の一つでもあった「王子」ことkatoさんともお話できたし(嬉)

20120714_070011.jpg


結果 立花さん:エリートタイムトライアル12位、エリートロード32位、エリートクリテリウム4位
    安田   :S3ロード1位、S3クリテリウム13位

20120714_084754.jpg



以上です。

立花さんのロードでの落車が非常に悔やまれますが、エリートクリテリウムでは去年に引き続き観客を大いに沸かせる走りをしてくれました。トップ4人で他の走者全員をラップアウトし、ラスト3周のところでに立花さんの単独アタック。

決まったか?と思われたがさすがはトップクラスの3人、残り半周で捕まってしまい逃げ切りならず。
でも観客は大盛り上がり!見応えのあるレースでした。

僕は去年に引き続きロードで優勝できました。スプリンター脚質の僕には十勝のロードくらいしか勝てるレースはありませんしね(笑)

でも、だんだんと欲が出てくるもので、クリテリウムでも!とか、ツールド北海道でも!なんて思いが沸いてきています。

チームには立花さんもいて、エリートトップクラスの走りが目の前で見れる好環境にいます。

エリートであんな凄い走りが出来るよう練習に励みたいと思います。


8月5日(日)はナイタイヒルクライムはキャンセルして、北見120キロサイクリングイベントで「チームのぼり坂」U次郎氏と練習してきます。どなたか一緒にどうですか?

コースはこんな感じです。




仮想サロベツ練習会

こんにちは安田です。

ツールド北海道に向け山岳強化練習として、ほぼ登りと下りのみのコースで約90キロ走破しました。

旭川から練習仲間の悠が参戦し、3人で行ってきました。

悠とは久しぶりの再開(去年の忘年会以来)です。

バイクもスペシャからGIANT TCRに変わってました。しかも練習にBORA ONE履いて来るあたりが悠らしいというか(笑)しかも前日に津別峠行ってきたとか・・・。

20120708_125048.jpg

東藻琴10キロ周回コースに到着し、1周下見の後、2周目は僕ペースで周回します。

悠は切れ掛かり、立花さんは余裕な感じ。

最大傾斜13%なのに見た目に5%くらいにしか見えないというなんとも不思議なコース。

約3キロある登りを踏み切れずあえなく失速。上りきった立花さんが迎えに戻ってきてくれる始末・・・。

下った後の直線では立花さんのドラフティングを使わず、単独で踏みました。

悠の姿はもう見えません。がんばれ悠!

3周目は全員自分のペースで。

なんとか本気の立花さんに食らいつこうと早々とインナーで登板モードで行くも1キロ付けただろうか。

もうそれからは姿は見えませんでした。

3周目最後の軽い登りで悠に追いついた?

悠は2周でやめた模様。

やっぱり前日の津別峠が効いたか?だからやめとけって言ったのに(笑)

その後の帰り道にある少しの直線でave40位のローテーション。

悠ってこういうのは得意そう。

しかも途中でモガいてたけど、かなりスプリントありそうだね。

帰りに立花さんと話したが、もう少しスタミナ付けばスプリンターとして結果出せるんじゃないかと。スタミナとは最後まで集団に残れるスタミナの事。

スタミナが付けば、スプリントだけじゃなく逃げも打てるだろうし。

一気にロードレースが楽しくなること間違いなし。

ちなみに僕もそこを目指してます。

昨日のコース載せておきます。

うる覚えの為、間違ってるかも知れません(笑)

お!獲得標高1300m!結構登ったね!

















美幌峠ライド


こんにちは安田です。

本来なら今日は休養日ですが、北見の精鋭軍団「チームのぼり坂」のU次郎氏からのオファーで急遽美幌峠ライドに出撃してきました。

ちなみにU次郎氏は当然北見から自走で来ております。

U次郎氏とは美幌のしまむらで待ち合わせ。U氏すでに30キロ近く走った事になりますね(汗)


立花さんを先頭にU氏、安田の順番で峠へ出発。

20120704_045146.jpg


淡々としたペースを刻んでいきます。

そしてメインの美幌峠へ突入。

時速16~18キロの一定ペースをキープする立花さんはこちらの状態を把握して、切れないけど楽させない走りに徹しています。

U氏から息の上がる呼吸音が聞こえます。

そして時折ダンシングを織り交ぜながら力づよく登っていきます。

足が売り切れになるような事はなく、それでもかなり速いペースで約8キロの美幌峠の道の駅まで到達。


20120704_055026.jpg

あいにくの霧でキレイな景色は拝めませんでしたが、火照った体には凄く気持ちよかったです。

帰りの下りは、僕ビビリなもんで67キロくらいでしょうか?前を行くお二人は70キロオーバーしてたんじゃないでしょうか・・・。だってどんどん離されるんですもん(汗)

下山後、追いつくのに非常に足使いました。これがレースだったらと思うと・・・。

ビビリ直さないとな。









リカバリーライド&日曜コース予告

こんにちはTCR安田です。

今週はレストの週ですので、Z2からLSDレベルでの走行がメインになります。

今朝は立花さんと僕の2人で朝練しました。

津別峠明けで二人とも足に来てるようです。

20120703_060651.jpg

今日のコースはホントに適当に走っただけなので割愛します。

かわりに日曜に走る予定のコースをUPしておきます。
このコース、見た目と実走がまったく違った印象になる超錯覚コース(東藻琴の周回部分)です。
もちろん超キツイです。興味ある人は一緒にどうですか?

美幌ファミリーサイクリング

こんにちはTCR安田です。

7月1日に美幌町で美幌新聞社主催ファミリーサイクリングが開催されました。

20120701_085302.jpg


TCRからは立花・安田、北見チームのぼり坂からUさんが出場。

出場とはいっても、このイベントはタイトルどおりサイクリングイベントなので比較的ゆるーい感じでの走行がメインとなります。

しかし一部の車連登録者による高速走行も期待できるのであえて参加しました。

行きの15キロは3グループに分かれて時速25キロ前後での走行し第一休憩ポイントの津別さくら公園に到着し各自補給などを行いました。

そこから約23キロほど走ると今日の折り返しポイントで昼食場となる、ランプの森つべつです。

ゆるい登り基調の向かい風にかなり苦しめられましたがなんとか先頭で到着。

そこから今回の一番の目的である津別峠のヒルクライムが開始されました。

距離は展望台までの約8キロ、つづら折の峠道で所々に9%から12%までの登板がコレでもか!ってくらいに配置され終盤に向かうほど傾斜が増すというまさに地獄コースです。

立花さん、安田、Uさん、美幌スケート少年団の中3の少年の4名で登りました。

20120701_114719.jpg


中3にはキツそうでしたが、それでもキッチリとゴールするところはさすがです。でも彼、スケートの合間のトレーニングでバイクに乗っているだけでフォームもペダリングも素人レベル。それであれだけ走れるんですからその身体能力には脱帽のほかありません。

ちなみに札幌車連の松田究選手も美幌スピードスケート少年団OBです。


無事下山も終わり、昼食を受け取りUさんはここで終了しました。

昼食後は来た道を戻ります。

もちろん帰りはゆるい下り&追い風。

これは嬉しい。

が、立花さんとトレインで行くも時速58キロで約20キロ。

最後尾からゴール500m手前で先頭に立つという驚異的なハイペースで肺も足もMAX状態。

行きの向かい風の方が正直楽だったです(笑)


最終休憩ポイントに到着し、用事があるらしく立花さんとはここでお別れ。

ここから美幌までは裏道を使います。

軽いアップダウンのある道ですがいつもの練習コースなのでペース配分はバッチり。

一人旅ですが、なんとかトップでゴール。

総走行距離96キロ。

いやぁキツかった。足ヤバイっす。

今週はリカバリーの週でよかったぁ~。

十勝までもうすぐ!がんばりましょう。









Amazon.co.jp
Amazon自転車ショップ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。